2010年 04月 24日
ヒット焼き
というものがコレ。

会社の同僚がうまいから買ってみろというので今日会社の帰りに買って帰りました。

お店は商店街の一角にあり、薄暗い店内には使い込まれた金型とコンロ、年季が入った机やテーブルがおいてある。

壁に貼られた手作り感丸出しのメニューには、ひときわ大きな「ヒット焼き100円」の文字。

食べてみると、どら焼きというか、ひぎり焼きというか、大判焼きというか。
中にあんこが入っていて、甘さひかえめな感じで、それはもう想像通りの普通。

でもね、
これを買ってお金を払う時、お店のおじさんに
「最近引っ越してきて、うわさでここのヒット焼きってのがうまいって聞いて来たんですよぉ」
って言うと、
「それならもっとキッレイ~に作ったのにぃ~。んじゃ2つ多く入れとくねん♪」
って4つ買ったのに袋には6つ入ってました。

んん~。この田舎のあったかい感じ素敵やなぁ。
案外この地のほのぼの感が好きかも~。

また来ますねぇ☆
と言って6個入りの紙袋を持って店をあとにするのであった。
[PR]

by wikey94642000 | 2010-04-24 23:49 | グルメ


<< ゴールデンウィーク終了系      積み木 >>